倦怠期の乗り越え方│恋愛も結婚も同じ

恋愛のコツ

ついに、倦怠期(けんたいき)が訪れてしまった。。。

パートナーを嫌いになったわけじゃないし、大喧嘩したわけでもない。
好きだし別れたくないな。。。。

どうしたら倦怠期を乗り越えられるのだろうか?

悩ましいですね。

まず、【倦怠期】が、どうして発生するのか理解を整理しましょう。

倦怠期は、どんなに仲良し同士でも訪れます。
恋愛でも、結婚でも同じ。

何故、倦怠期が起きるのか?

それは、恋愛や結婚に対する理想が高すぎてしまったからなんです。

恋愛し始めたとき、結婚したばかりのとき、

新しいことや、お互いに相手を喜ばせてあげたいと必死に考えて、
ドキドキワクワクにたくさん出会うと思います。
毎日が新鮮でドラマのような気分だったのではないでしょうか?

でも、だんだん物足りなくなってきたり、最初の感動を忘れてしまい、
「あたりまえ」の状態になっていきます。

その現実をパートナーと一緒に、
上手に受け止められたカップルは、長続きできます。

こんなもんだよね♪恋愛なんて♪こんなもんだよね♪結婚なんて♪
と、考え方を合わせられるかどうか。なんです。

倦怠期を乗り越える方法

受け止めて理解して変える事が大切

こんなもんだったよね♪と、

パートナーと一緒に受け止めて気持ちを変える事ができれば、

倦怠期を乗り越えられます。

 

とはいっても、相手と連絡が取れなかったら難しいですね。

まず、自分ができることから変えていきましょう。

具体例1:時間をおくことを意識する

倦怠期になると、音信不通になったり、言葉を交わさなくなったりします。
そういう時、なんで連絡くれないの?なんで相談してくれないの?等、
と、相手を追い詰めてはいけません。

まずは、様子を見て、何があったのか考えてみましょう。

仕事が忙しいのか、勉強が大変なのか、人付き合いが忙しいのか、
身の回りで嫌なことがあったのか。

人は、そっとしておいてほしい時もあるものです。
「話したくなったら、言ってね。なんでも聞くからね」くらいの言葉をかけて
相手の動きを2,3週間くらい見てみましょう。

具定例2:小さなことでも感謝する

相手から何かをしてもらうことが当たり前になってしまうものですが、
最初は、パートナーに小さなことでも感謝をしていたはず。

スケジュールを合わせてくれた、ご飯をおごってくれた、
ご飯を作ってくれた等、当たり前になりがちなこと、言葉に出して感謝を伝えましょう。

自分磨きをしたり趣味を作る│かまってちゃん防止策
倦怠期があなたのパートナーに訪れてしまったら、あなたは心配でたまりませんよね。
毎日、連絡がこないこと、毎日、浮かない顔をしているパートナーをどうにかしたい!って思いますよね。

でも、あまり干渉しすぎること状況が悪化します。

そのためにも、パートナーに一人の時間を作ってあげる代わりに、自分も自分の時間を大切に有効に使いましょう。
自分を磨いたり、趣味を楽しんだり、他のことを考えられる工夫をしましょう。

出かける場所を変える

倦怠期のパートナーと、一緒に出掛けることができるなら、普段とはガラっと違う場所へ出かけてみましょう。
普段、お洒落な街ばかりだったなら、近場の公園を散歩してみるとか、ミュージカルを見てみるとか、
いつもと違う刺激を自分たちに与えてみましょう。

同じことばかりをしていると、会話もマンネリ化してしまって、新鮮さがなくて飽きてしまいます。
興味がなくても、ガラっと違うところへ出かけることもとっても大切です。

例えば、パートナーが海が好き、でも自分は好きじゃなくて一緒に行ったことなかったなら、
頑張って、海に一緒に行く努力をしましょう!

※倦怠期のタブー│絶対ダメ※

たまに、相手の気をひきたくて、浮気をする人がいます。

相手の気持ちをひきたくて、異性と遊んだことを言ってしまったら、

関係が終わりに向かうことが多いです。

パートナーと長続きしたい気持ちがあるならば、気をひくのではなくて、

自分から相手の気持ちに歩み寄って、どうしたらいいかを相手の立場になって考えてあげましょう。

まとめ

倦怠期は、お互いのことを分かり合えるチャンスです。
乗り越えられたとき、二人のきずなは、ぐっと強くなって
今まで以上の幸せを感じることができるはずです。

一番いいのは、 一方だけが努力するのではなく、お互いで話し合って乗り越えられたら最高です。
でも、難しいことが多いもの。

そういう時は、気づいたほうが歩み寄って、行動に移しましょう♪

どうして私ばかり・・・どうして俺ばかり・・・と思ってしまうなら、
それは相手を思いやる心が少し足りてないから、倦怠期を招いてしまったのかもしれません。

大きな綺麗な花を咲かすには、愛情たっぷり水をあげて育てますよね。恋愛も一緒です♪
二人のきずなが、もっともっと強くなりますように★