婚活に妥協は必要?│年齢・顔・見た目・収入

20代後半~30代

婚活がなかなかうまく行かない。

婚活パーティ、婚活イベントに沢山参加しているけど、
理想の相手と出会えない。グスン。。

悩んでいる女性は多いはず。

私の理想は、
同じ年齢、太っている人は嫌で、でも程よく筋肉のある人じゃないと駄目、年収は800万以上のサラリーマン、
自分の時間も欲しいからずっと家にいない出張のある仕事がよくて、
身長175㎝以上、長男と一人っ子以外、車持ってる、ドライブ連れて行ってくれる、ローンが無い人で、
私の趣味と同じで旅行好き、日本酒とか飲めるお酒の強い人、いつも会話をリードしてくれる面白い人が良い!

と、言っているアラサー女性がいました。

これほどの理想の重さ、、冗談と願いたいところですが、
実際に本気で婚活中だったアラサー女性 U子さんです。

どれも妥協ができない彼女は、かれこれ5年経過する今も
パートナーを見つけることが出来ていません。
理想とする条件が多すぎて、結婚できないパターンです。

妥協という言葉は、あまり良い響きじゃないかもしれませんが、
全てを叶えるのは、あなたの努力が相当なものでない限り、難しいと思います。

だって、もし、U子さんの理想と真逆の男性が、
U子さんを大好きになってしまったとして、
理想に近づく努力をしたとしても相当な時間と努力が必要ですよね?

U子さんが磨きのかかった絶対に落としたい女性だったなら、
その男性は、猛烈に努力をしてU子さんにアプローチをするでしょう。

でも、そうじゃなかった。
5年という経過した月日が物語っています。

タイミングや運も関係していると思いますが、

年齢とともに、まわりに良い男が残ってない~と嘆く女性が多くなるように、
U子さんが理想とするスペックが高そうな男性は、
スペック高い男性を落とすべく早くから努力をし続けた女性がゲットしちゃうんですね。

理想を高くしたいなら、スペックの高い男性を狙いたいのであれば、
その男性に見合う女性になる努力も必要です。と言う事です。

とはいえ、、、
努力をしているのに、運が巡ってこない女性もいるでしょう。

婚活をして成婚に至るまでの期間は、平均して2年と言われています。
最近は、SNSやLINE等、コミュニケーションツールが豊富なので、
1年で婚約に至るケースも増えていますが、それでも多少の時間はかかります。
1年て10代の頃は、とてつもなく長く感じたけど、
年齢を重ねるとともに、短く感じますね。あっという間ですね。

長引けばあっという間に時間が過ぎてしまったことに精神的に焦りつのり、
婚活疲れをして辛い思いをしてしまいます。

ここで、
どうしても理想の男性を探し続ける道か、
妥協の道を選択するのかは、あなた次第です。

あなたが一生モチベーションを保っていられる要因が明らかなのであれば、
理想を追い続けてください。

ただ、1つ頭に入れておいてほしいことがあります。
現代は、3組に1組が離婚をしている時代になってしまいました。
理由は、様々だと思いますし離婚せざる負えない状況の場合もありますが、

「理想と違ったから耐えられない」という現実も少なくないようです。

U子さんの理想の中には、”旦那様のご実家で同居したくない”という条件はありませんでしたが、
長男や一人っ子でなくても、実家を継ぐことはあり得る話です。
結婚してから、実は・・・なんてことも少なくありません。

結婚はゴールじゃなくて、あなたが幸せに生活するためのスタートです。
本当に自分が幸せな生活が長く送るのに何が大切なのか、
婚活に疲れてしまった時は、冷静に考えてみましょう。

参考までに、
「妥協しても良いと思うポイント」
「妥協しないほうが良いポイント」を纏めてみましたので、
あなたの婚活に少しでもお役立ていただけたら嬉しいです。

「妥協しても良いと思うポイント」

1、容姿(見た目、顔、背丈、細い太い、マッチョ等)
容姿、学歴などのステータスなんて、過去の栄光です。
生きて行く上で一番大切なのは、今この瞬間を楽しく過ごせるか、
だと思います。

太ってるなら痩せられるように食事改善してあげればいいです。
鍛えてほしければ一緒にジムに通えばいいです。

美人は3日で飽きるなら、イケメンも3日で飽きます。

2、年齢
U子さんも同年代が良いとこだわっていました。
以外と、こだわる女性が多いんですが、
性格が合うか合わないかは、会ってからじゃないと分かりません。

1つでも上下の幅を広げて、たくさんの人と出会う機会を増やしてほしいです。

若いのに大人っぽい落ち着いた男性もいれば
年齢を重ねているのに、若々しい青年のような男性もいます。
同年代なのに話がかみ合わない人もいるでしょう。

年齢で出会いを狭めているのであれば、妥協と言うよりも
年齢の垣根は取っ払ってほしいです。

3、住む場所
旦那さんのご両親と一緒に住むことを避けたい人は少なくありませんね。
嫁姑問題は、現代でも活発なようです。
しかし、こればかりは、当初そんな話はなかったとしても、
突然ふってわいてくることもあるんです。

私の母親は、結婚してからかれこれ30年は経過していると思いますが、
いまだに「騙された」と怒っています。

この後、妥協しないほうが良いポイントにも書いていますが、
妥協せずに冷静に判断すべきポイントが欠けていたから、
30年たった今も未だに心に残る傷になってしまったんですね。

だから、住む場所をこだわって考え過ぎると
ストレスになりますのでご注意ください。

「妥協しないほうが良いポイント」

1、あなたを誰よりも一番に思う性格と愛情があるか
これ、とても大切です。
旦那さんのご両親の事でモメても、
両親を大切に思いながらも、あなたの一番の味方でいてくれるか、
それだけの愛情を注いでくれるのか?大切です。

あなたに何かがあった時、すっ飛んで来てくれそうか?
あなたが悲しんでいる時、味方になってくれそうか?
年齢を重ねても愛してくれるか?

短い月日では判断できないと思います。
結婚を決める時、冷静に考えるポイントとして覚えておきましょう。

2、金銭感覚が同じか
食事、趣味、貯金、どこにどれだけお金をかけるのか、
生きてきた環境や、価値観で多少は異なるはずです。

自分が歩み寄れる範囲の金銭感覚なら、問題ないと思いますが、
明らかに趣味にお金を費やしていて、結婚後も変わらない可能性があるなら、
少し考えたほうが良いかもしれません。

あなたは、倹約家なのに、旦那さんは趣味にお金を費やし続けるとして、
それは、生涯一緒に過ごすパートナーとして、ストレスにならないか考えてみましょう。

3、年収や資産
お金の切れ目は縁の切れ目と言われるほど人生を左右するもの。

年収が高い人を選ぶべき という意味ではありません。

家事全部やるのに年収が同じで納得いかない・・・
夢を追いかけるイケメンと結婚したけど、安定した収入がなくギクシャクした・・・
資産は多いけど、ローンがかさんでいて、貯金ができない・・・
という後悔をしている女性の意見があります。

金銭感覚の価値観にも似ているポイントですが、
二人で幸せを築ける年収なのか、自分が納得した結婚生活をおくれそうか、
現実的なラインを考えてみましょう。

女性が進出してきた時代にはなりましたが、
割合としては、まだ男性の方が稼ぎが多いと思います。
かといって、自分を棚に上げず、自分がどういう努力ができるのか、
合わせて考えていくと良いでしょう。