婚活しゃべらない男性どうしたら?│リフレーミングワークで解決

20代後半~30代

リフレーミングを取り入れて、同じ出来事でもとらえかたを変えるだけで、

物事の感じ方を変えることができ、初めて出会った人との会話も相手に好意を持たれるような返しができるようになります。

 

たとえ話で、コップに水が半分入っている時、

☆コップに水が「半分しか入っていない」

★コップに水が「半分も入っている」

という考え方では、物事の感じ方が大きく異なってきますよね?

最初の言葉は、ちょっと残念な気持ちになりますね。

 

これを、婚活や合コンに限る話ではありませんが、

よく営業マンが営業先で気に入ってもらうために習得している技です。

 

リフレーミングワークの方法を活用すると、

劇的に、あなたは、モテ男モテ女に変わるでしょう。

人としての成長もすると思います。

 

実践

自己紹介の時間

「私は、ちょっと頑固な性格なんです・・・」と、言われた時

 

☆そうなんですか、頑固なんですね・・・

★そうなんですか、真面目なんですね、きっと信念を持って志高く仕事とかされるタイプですか?

ブレブレな人よりも信念があって志が高い人は魅力的です!

 

どちらが嬉しいですか?

 

自己紹介の時間

「私は、引っ込み思案で、こういう場所もちょっと苦手で・・」

 

☆そうなんですか、それはそれは・・・頑張りましたね。

★そうなんですか、きっと慎重な性格でいらっしゃるんですね、慎重な方はきちんとしていて、

丁寧な気持ちを持っている人が多くて一緒にいて安心しますよね。

 

はい、どっちがいいですか?

 

相手に対して、肯定的な言葉を返してあげることは、相手を受け入れてあげることになるので、

何気ない会話に相手を肯定する言葉を入れることで、

あなたの存在価値はとても高くなります。

 

人間は、認められたい生き物です。承認欲求がとても強い生き物です。

毎日、【ありがとうございます】を1回でも多く会社や職場や学校で言ってみましょう。

3か月後は、あなた自身の存在が大きなものになっているはずです。

 

出合って間もない人との距離を縮めるには、相手を受け入れることが大切です。

合コンや婚活パーティは、相手とまずお話するところから始まります。

相手の事を何も分からないまま、相手が自分に興味を持ってもらえないまま

時間が過ぎるよりは、相手に好印象を持ってもらう方がいいですよね。

 

リフレーミングは、訓練、覚えることで、肯定的な言葉がするっと出てくるようになります。

恋愛だけにとどまらず、人とのコミュニケーション全般に役に立ちます。

 

まずは、あなた自身の短所と思っている部分を

リフレーミングしてみてください。

 

・人付き合いが苦手

→細やかな心の持ち主なんですね、きっと思慮深いんでしょう。

しっかり考える真面目な性格なんですね。

 

・顔色をうかがってしまう

→相手をよく見ていて気を使うタイプですね。

相談されやすいタイプだったりしますか?人の気持ちを汲み取るのが上手な人は

思いやりがあって、最近なかなかいないタイプだと思います。

 

・マイペース

→自分らしさを持っているんですね。信念や志があるので、

目標を達成する努力家が多いですよね。マイペースとはいえ、頑張ってしまうタイプではないですか?

 

いかがでしょうか。

自分のリフレーミングが終わったら、身近な人のリフレーミングも考えてみましょう。

 

 

良い言葉に言い換えることは、精神的にも豊かになれて良い事です。

良い言葉は、脳みその無意識の部分に刻み込んであげることで、

自分を自然に良い方向に導いてくれる動きもしてくれます。

 

相手を受け入れてあげる、認めてあげる事を上手くすれば、
あなたと一緒に過ごすことが心地よく、次につながるはず♪

 

明日の合コン、婚活パーティーの前に、

30分だけでも良いので、一言リフレーミングを頭に入れて出かけてみてください♪