倦怠期を乗り越える方法│男と女は違う生き物

20代後半~30代

[char no=”5″ char=”マナ”]フラれた男の数は星の数。
今は、3人の子供と大切な旦那さんと、幸せな家庭を築いています。
管理人のマナと申します。

唐突ですが、倦怠期を乗り越えるには、
男と女は、人間である共通点はあるものの、
まったく違う生き物であることを理解しなくてはいけません。[/char]



男性と付き合う直前、付き合ったばかりの半年間くらいは、

男性からの愛情を感じていたのに、

パタっと無くなったな・・と感じることありませんか。

これ、倦怠期の一種です。

 

”””最初はあんなに私の事を大切に優先してくれていたのに、

最近は仕事ばかりでそっけない”””

”””1日何通もメールやLINEをやり取りしてたのに、

今は、1日に連絡を取るほうが珍しい”””

”””既読スルーされるし、未読の時もある・・・

どうして?返事が欲しい。嫌われた?””

 

お互い好き同士なはずなのに、温度差を感じる。

不安になるからこそ、あなたは言いたくなる。

「私の事好きなの?}「仕事と私どっちが大事?」

「どうして返事をくれないの?」

そのとき男性は、残念ながら

あなたが苦しんでいる、さみしい思いをしている

なんてことは、全く察していません。

嫌い、飽きたという気持ちも無いと思います。

 

ただ、あなたが自分を好きだと言う状況に安心して、

仕事やその他に大切にしているところに気持ちが移動した状態です。

 

それなのに、「私の事好きなの?}「仕事と私どっちが大事?」

なんて言われたら、突然どうしたの!?と、ビックリして、

こんなワガママな女性とはうまくやっていけない・・・

と、思われて別れに繋がるのです。

 

彼の気持ちを理解できずに

どうして私の気持ちわかってくれないの?と、

追い詰めた結果、1年ほどの恋愛は幕を閉じることになります。

 

このお互いの想いの行き違いは、
とても、せつなく、もったいないと感じることが多いです。

恋愛の相談を受けて いつも思うのが、

お互いの気持ちがすれ違っているなと感じること。

なぜ、すれ違うのか?
それは、最初に申し上げたように

男と女は全く別の生き物だからです。


どういうことかと言うと、

●男性は、マルチタスクが苦手な生き物です。

あれこれ、同時に気持ちを注げる器用さが少ない生き物です。

まれに器用な人もいますが、大半は1つの事へ集中する力に長けている生き物。

●女性は、マルチタスクができる生き物です。

マルチタスクとは、2つ以上の事を同時に進められる能力です。

電話をしながら片づけをできる言われるのは、マルチタスクを指しています。

個人差はあるにせよ、この違いが、

せっかく恋愛に進展した二人の関係を壊してしまう原因になっていることが多いです。

 

男性は、彼女ができた、彼女は大切、彼女を幸せにするんだ、
と言う思いと、

仕事が大切、友達が大切、自分の趣味が大切
と言う思いは、

比べる対象にしていません。

マルチタスクができないので、天秤にも欠けられないんですね。

彼女を大切に思えば思うほど、仕事や他の事がおろそかになり、
不安に襲われるのです。

男性には、感覚的に比べるということ自体がなく、
仕事をしている時は仕事が一番だし、友だといるときは友達が一番、
あなたといるときは、あなたが一番!そんな気持ちです。

だから、あなたが 自分に向いてくれた彼女になった
愛愛の恋人になった後は、一度、仕事や他の事に力を注ぐ時間に
放任してあげてください。



男性に手放されたくないと思ってもらいたい女性は、
まず、男と女は違うと理解し、

倦怠期と感じたり、男性が仕事に熱を燃やしだしたら、
あなたは距離を置いて、あなたをもっと大切にできる余裕ができるまで
応援し待っていてあげて下さい。

マルチタスクができないからね。

女性は、器用だから恋愛がうまく行くと仕事もうまく行くんです。
違う生き物だからね♪

また、男性から見た別れの原因は、「信頼してくれない事」とも言われています。
仕事に集中しているだけなのに、よからぬ疑いをかけられて、
ガミガミと言われるなんて、男性にとっては、もう耐えられないことなんですね。

現代の女性は強く輝いていて、とても素晴らしいです。
だからこそ、一歩引いて状況を察して、頭を使って男性をコントロールしてほしいのです。

倦怠期かも?と思ったら、彼を少し客観的に見て、
仕事に熱中しているようなら、見守ってあげて、

その間、自分は女磨きに力を注いで彼を待っていてあげて下さい。

万が一、あってほしくないことですが、
今の彼がダメンズだったとしても、

あなたの磨き続けたピカピカの女は、
もっといい男性に巡り合うための準備として決して無駄にはなりません。

彼ができたからと言って、オサボリさんにならず、
女磨きを止めないことで、あなたの人生の幸せは大きく育つはずです♪

男性に手放したくないと思ってもらえる素敵な女性になってくださいね♪